>

確認するポイントを把握しよう

最も先に確認すること

通販のメリットは、豊富な種類の衣類があるという部分です。
デザインもサイズも豊富なので自分が気に入り、なおかつ着られる服をきっと見つけられます。
焦らないで、きちんとサイズを確かめた上で注文を済ませましょう。
間違ってサイズを購入してしまうと、着られないので費用が無駄になります。
無理に着ても変に見えるので、オシャレではありません。

おすすめは肩幅やウエスト、丈の長さが細かく書かれているサイトです。
同じMサイズでも、衣類を作っているメーカーによって微妙に変わります。
いつも買っているMサイズを選択して、身体に合わなかったら困るので、数値を見て着られることを確認しましょう。
同時に、自分の身体のサイズも知ってください。

タグを切らないで試着

サイズを間違って買った時に、返品ができるシステムのサイトがあります。
心配な人は、そのようなサイトを活用しましょう。
ただ返品する際はタグを切っていなかったり、届いてから1週間以内だったりするなど、条件が決まっています。
さらに大抵の場合は、交換できるのはサイズのみです。
別のデザインや色に変更することはできないので、注意しましょう。

返品する際はその旨をサイトに伝え、すみやかに郵送してください。
この時に郵送する費用は、こちらが負担します。
正しいサイズに交換ができても余計な出費や手間が掛かるので、できるだけ交換しなくても良いように衣類のサイズを確認することが大事です。
注文を確定する前に、間違いがないか確かめましょう。


この記事をシェアする